山形大学 オープンイノベーション推進本部

MENU

推進本部についてPlatform

紹介

ワンストップでオープンイノベーションソリューションを提供する拠点として「山形大学オープンイノベーション推進本部」では、主に競争領域の民間資金での共同研究を集中管理していきます。4つに分かれるキャンパスを学内横断のアンダー・ワン・マネジメント体制で行い、産学官連携推進本部(非競争領域)、知的財産本部、学術研究院、YU-COE(山形大学先進的研究拠点)と連携して組織的に推進業務を進めていきます。

予算、財務、人事、法務、知財などを担当する管理部門と研究を担当するプロジェクト部門の連携で、組織的な共同研究の創出・管理を行い、継続的、発展的に共同研究を生み出す「事業貢献に主眼を置いた産学連携によるオープンイノベーションエコシステム」を構築し、イノベーションの創出と教育研究活動の充実を図ります。


概要図
  • オープンイノベーション推進本部が窓口になり、企業ニーズに応える研究開発体制の構築を行います
  • 大型集中管理でマネジメント強化を図ります
  • 全学横断組織化により大学一丸となって産学連携に取り組みます
  • 外部人材招聘、学内人材育成、研究環境整備に取り組み、持続的発展を目指します

①事業貢献に主眼を置いた産学連携
キーワードは“安定と発展、創出と管理”

  • 安定した研究環境下で中長期展望に基づく強化により,研究レベルを継続的に発展させます。
  • 企業と目標と課題を共有し,イノベーションの創出に取り組みます。
  • 共同研究体制の構築から研究進捗管理まで,結果にコミットする共同研究運営を推進します。
「組織」対「組織」競争領域の大型共同研究
企業への企画・提案機能についての具体的な考え方

②産学連携に精通した推進組織

統括クリエイティブ・マネージャーを中心とするマネジメント体制

学術・技術,市場・事業,研究管理の各分野に精通したクリエイティブマネージャー(CM)を中心とするマネジメント体制で進めていきます。外部人材招聘,学内人材育成,研究環境整備に取り組み,持続的発展を目指します。


統括クリエイティブ・マネージャーを中心とするマネジメント体制

重点分野強化

  • 有機エレクトロニクス
  • インクジェット
  • 3Dプリンタ
  • 印刷エレクトロニクス

新規分野創造

  • 医工連携
  • ソフトロボティクス
  • 3D界面

③チーム山形大学

  • 「組織」対「組織」に対応できる「チーム山形大学」形成。
  • 全学横断組織化により大学一丸となって産学連携に取り組みます。
  • 部局の壁を無くした「学術研究院」で全教員を組織化し、これにより,教員を組織改革に応じて柔軟に再配置することが可能となります。
  • オープンイノベーション推進本部が窓口になり,企業ニーズに応える研究開発体制の構築を行います。

全学的に本気で組織的なマネジメントを抜本強化

オープンイノベーション機構 ※本活動は、『平成30年度文部科学省オープンイノベーション機構の整備事業』の支援を受けて活動しています。


(2019.3作成版)山形大学オープンイノベーション推進本部リーフレット (PDF1.5M)

上へ戻る