山形大学 オープンイノベーション推進本部

MENU

お知らせInformations

2019.9.2 イノベーションジャパン2019『大学等シーズ展示』に川井貴裕准教授(化学・バイオ工学分野)が出展(8/29-30)

2019.8.29(木)~30(金)東京ビックサイトにて開催されましたイノベーションジャパン2019に

大学院理工学研究科 化学・バイオ工学分野 川井 貴裕 准教授が『大学等シーズ展示』に出展いたしました。

【テーマ】所望の形状に適用可能で有害物質除去能に優れた二酸化チタン(チラシはこちら

【技術概要】 チタンアルコキシド溶液と金属イオン含有水溶液を原料として新規な二酸化チタンを開発しました。この粉体、塗膜および市販セラミックフィルターに均一に被覆したサンプルは、いずれも液相中で高い色素分子除去能(吸着能および光分解能)を示し、フィルター試料では少なくとも3回の繰り返し使用にも堪えうることがわかりました。さらに、気相中でアルデヒド系および硫化水素ガスに対して高い光分解能を示しました。このような性能は、作製した二酸化チタン多結晶中の特異的なチタンの電子状態が影響を及ぼしていると考えられます。


【想定される活用例 】
・外壁のコーティング(防汚、抗菌、抗カビ等)
・室内環境浄化(空気清浄)


多くの方に当ブースへお越しいただきました。ありがとうございました。

上へ戻る